読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情死

Would you cry if I died Would you remember my face?

2016年8月14日

そう言えば、このブログの名前は「情死」であった。今の私にはすっかり情死したいなどという気持ちが薄らいでしまった。私は誰かと心中しなければ自分の生きた印を残せないほど弱い生き物ではないし、死を共にしなければ愛を感じないなんてこともない。世界が滅びる最後の日には、1人で静かな場所で好きな人が安らかに逝けるように祈りながら、ひっそりと息を引き取りたいと思う。

 

AVを観た。内容はごく一般的だが、隠すべき場所が隠されていない。普通だった。自分の経験を思い出して、少しだけ欲情を感じたが、それだけ。動画を飛ばして飛ばして、抜けるシーンを探したのだが無かった。女の子を暴力で捻じ伏せて泣き喚かせるシーン。そういうことでしか興奮しない私ってどうなのだろうか。叩かれている、蹴られている女の子が観たかったな。

 

『夜はともだち』というSMを題材にしたBL漫画がある。プレイをする2人だったが、S(攻め)の真澄が、M(受け)の飛田くんにSMとは違う感情を抱き始める。真澄は飛田くんを虐めることに苦痛を覚えてくる。一方飛田くんは痛いことをされることが大好きで、本当に喜んでいる。そうじゃないセックスは好まない。真澄が「今日は俺の言うこと聞いて」と言って、ノーマルセックスをするものの、飛田くんは結局果てなかった。だからと言って、飛田くんは真澄を嫌いなわけではない、むしろ真澄を好んでいる。真澄もそれを理解して、温和に話が終わる。

虐めることでしか、愛を伝えられないというのはきっと辛いだろう。飛田くんみたいな変態は本当に居るようだ。私はセックスに関心があるから、変態といっても甘っちょろいものだと思う。(変態にどっちが偉いとか正しいとかないけどw)一応、BL漫画だからハッピーエンドで終わったが、本当にこういう場面があったら報われないまま関係が終わるのだと思う。私も少なからず飛田くんのような側面は持っている。酷いことをしてこない人間には好意を抱けない、という自覚がある。基地外か?