情死

Would you cry if I died Would you remember my face?

2021年5月25日

恋人に迷惑をかけ続けている。

今週から2週間ほど忙しい。出社をして仕事をしている。ある案件に作業員が1名必要で、アサインされたら出張で北海道に1週間ほど行けるためマンネリした日々の刺激に、と名乗り出たは良いものの、毎日会社に行って機器に設定を入れての繰り返しで、肉体労働に等しい。家に着くころには疲労困憊で、ベッドで横たわって唸ってしまう。寝て起きたら、また会社かと思うと空しく、素直に休息もできない。自分の時間を持たなければとなんとか這い上がって頭痛薬を飲み、パソコンを開いた。

この間、恋人は私の代わりにお皿を洗い、シーシャを作り、私のぐずぐずしたわがままに付き合ってくれた。自分をコントロールできないときは、もうどうしようもなく迷惑をかけてしまう。落ち着いてから、恋人の時間を奪ってしまったと自己嫌悪して悲しくなってしまう。恋人が恋人らしくあるためには私はいない方がいい、と交際するときから思っていて、せめて彼の人生の隅っこでおとなしくしていたいと思うのに、うまくいかない。シーシャ美味しい。作ってくれてありがとう。

 

コロナ禍の前は自分でお弁当を作って昼食代を節約していたが、リモートワークがメインになってからはお弁当を作らなくなった。節約のためにコンビニでお昼を買いたいけれど、休憩スペースがたまに”密”になっていて怖いので、今は会社近くの喫茶店に行っている。本当はお気に入りのカフェが他にあるが、緊急事態宣言のために休業中で、世知辛い。でも、最近通っている喫茶店も悪くない。昔ながらの落ち着いたお店で、コーヒーカップがおしゃれ。老夫婦で営んでいるらしい。昨日は夫婦がおしゃべりに夢中で、お客さんのオーダーを聞きそびれていた。これくらいの方が落ち着く。私はお財布と文庫本を持っていき、サンドウィッチを食べてから本を読んで過ごす。卵サンドの卵の味付けが絶妙で、一口食べてすぐに気に入った。読んでいる本は、前回のブログで書いた古書店で買ったものだ。とても面白いので、読み終わったら紹介したい。ちょっとずつちょっとずつ読んでいる。
小説や映画の、物語の世界にどっぷり浸って漂いたい。けど、平日はこんな調子だからきっと無理だろう。

 

作業の都合上、広いスペースで一人仕事をしているから助かっている。両隣、手が届く範囲に人がいるところに座ったら、気持ちが不安になってパニックになりかけた。うちの会社ではITとはいえ、どうしても出社しないと出来ない仕事が多々あり、若干オフィスに人が多いように思う。みんな怖くないのだろうか。

 

☆☆☆

「明日はスーパームーンなんだってね」と、テレビを観ている夫が言った。

「そうなんだ、早く家に帰ってみないとね」

蛇口から流れる水がお皿を滑り、汚れを落とす。今日のごはんは卵丼だった。半端に残った調味料を全部使い切りたくて、味が濃くなってしまったが、夫は美味しいと言って食べてくれた。洗剤のオレンジの香りが、小学校の頃に置かれていた石鹸の匂いによく似ている。

「昔、皆既月食という現象を知らない頃、小学生の頃に皆既月食を見たことある。

週末、学校の校庭でサッカーの練習試合をして、片付けをしているときだった。校庭にある、こんもりとした丘の上に大きな赤い月が、突然現れた。そう、突然だった。普段月が出てることにさえ気づかないような子どもだったから、突然に思えた。目に映った月が赤くて、思わずグラウンドの土の整備の手を止めてしまった。食い入るように見ているのは私だけでなくて、他の子どもたちや手伝いに来ていた親たちも、その場に立ち尽くして月を眺めていた。誰もが、話すこともなく、燃える月を見ていた。今まで見た中で最も大きい月だった。このまま地球に接近してきて、私たちの世界を燃やし尽くしてしまうのかと思った。何か、世界の終焉に触れたような、寂しさを感じた。
全部、美化された思い出かもしれない。本当は月を発見したのは私だけだったかもしれないし、みんなは大はしゃぎしていたのかもしれない。でも、それくらい時が止まるような神秘的な経験だった。絵画のような風景だった。いつまでも忘れられない。」

夫はどこか遠くを見つめて、思い出を語った。この話を聞くのは何度目だろう。

スーパームーンだから、きっと、それよりも大きい赤い月が見られるのだろうね」

いつもみんなの輪から一歩引いたところに居て、冷静沈着な彼であるが、今日は言葉尻に興奮が読み取れた。私はなんだか嬉しくなって、お皿を洗い終わると彼の頬を撫でてキスをした。

☆☆☆

桜が吹雪いている中に彼は消えた。3年の片思いも、終わりはあっけない。
例えば、昨日までは彼のSNSを彼に語り掛けるように楽しむことができた。
でも、今日からは?
今日からは、もう、語る声を持たない。彼の「ごめんなさい」しか聞こえてこない。

 

足元の桜の花びらを踏みつぶしてやる。
潰れて滲んで、土に混じって汚れた桜。これが私。

☆☆☆

 

2021年5月23日

ひとりで散歩していたら、ピンクの壁の建物と灰色の壁の建物の間から青い空と白い雲が見えて、「Aは黒、Eは白、Iは赤、Oは青、Uは緑」というランボーの詩の一節を思い出す。すごく鮮やかな光景だった。(詩は母音のイメージから色が書かれるので、色から詩を連想するのは逆転してしまっているけれど)

最近はすっかり本を読まなくなり、文章を書くこともなくなってしまった。

恋人が出かける夜が増えた。居場所が私以外の場所にもあるのは健康的で、良い。恋人が外出するとすごく寂しいのだけれど、ほっとする自分がいることも気づいてしまった。やっと私の時間が訪れて、世界が私の目の前に立ち現れる。大森靖子の「夕方ミラージュ」の夕方4:44の気持ち。彼がいない間に何をしよう?

DVDレンタルショップへ行く。古本と中古DVDも売っているので、好きな映画やレアな映画のディスクがないか棚を眺める。映画も全然観られていない。『さよなら子供たち』が3000円足らずで売っていて、気になったが買わなかった。悲しい映画を観られる余裕が自分に無いように思えた。心が乾きすぎている。

古本屋へ行った。店内はお客さんが割と多く、棚を見るのに苦労した。1冊気になる本を手に取り、読む、プロローグが衝撃的な内容でびっくりしたままレジに持っていき、購入。家にある手つかずの積読本を思い浮かべるも、まあいいかと思い、ちょっとにやける。

本を買うのは明日への希望だし、本を読むのは今を生きることだな、良い気持ちになる。この、良い気持ちを忘れてしまっていて、自分の体に蘇ってきたことが嬉しい。

散歩から帰ってきてカルピスラッシーを作って飲んだ。先週食べたカレー屋さんのカルピスラッシーがあまりに美味しくて自宅で再現してみたくて、ネットで見つけたレシピを参考に作った。美味しいが、お店のラッシーとは程遠い味となった。あのラッシーを家でも飲めるように研究する。

豆本を作るための原稿を作成しようと思ったけれど睡魔に負けて、昼寝をする。起きて、エロ動画を開くが、動画の女がセックスしててセックスしたい私がセックスしていない状況に腹が立って観るのを辞める。

そのままだらだらしていると恋人から「かえるよ」と連絡があり、飛び起きる。恋人が帰るまでにやりたかったことが全然終わらなかった!

ばたばたと慌てて夜ご飯を作り、お風呂を入れて恋人の帰りを待つ。私って案外古風かもしれないと思った。

 

ブログを書くことも久し振りなので、近況報告をしますね。

 

■仕事

面白くない。また失敗した。報告書をお客さんに提出した。相変わらず誰も助けてくれない。助けを求める方法が分からない。テレワーク中さぼりまくっている。

 

■趣味

新しい趣味が増えた。麻雀、筋トレ(ダイエット中なの)、豆本づくり(まだはじめたばっかり)、パフェづくり。印刷機を手に入れたので、同人誌を作れたらいいなあという妄想だけをしている。

 

■恋愛

同棲を始めて1年が経った。机を麻雀用に新調した。

 

ツイッター

思うところがあり、鍵垢に引きこもっている。フォロワーがスペースをやっていたら参加するし、暇なタイミングがあれば自分でもスペースを開いて恋人と喋る。

 

■コロナ

私も恋人も健康。テレワークで24時間ずっと一緒にいる。

 

 

もっと更新できるようにがんばります。それでは、また。

2021年2月4日

今週は体調がとても悪くて何も出来ないで金曜日を迎えることとなってしまった。

 

今日は喋りたい気分でツイキャスをした。聞いてくれてたフォロワーのコメントに煽られてサンホラと私の物語を話した。

私とサンホラの出会いは小学生の頃に遡る。11歳か12歳の頃に初めてRevoさんの音楽を聴いて、今日までずっと聴き続けている。私の血肉になっているのだなあと改めて感じた。私にはサンホラの話をするお友だちが残念ながらいないのだけど、話を始めたらいくらでも話すことがあるのだと思った。たくさんの思い出があって、良いことも苦しいことも私の中に蓄積されていて、思い出すことがすごくすごく少ない代わりに、一度蓋を開けると飛び出す飛び出す。飛び出す先をずっと待っているのかなと今日思いました。だからツイキャスが楽しくて、ツイキャスを終えた後も何かしゃべりたい欲が止まらなかったのだなあと。

恋人がよくV系の話をしてくれる、私にV系の素養が全くないのに!私にはサンホラだったけど、彼にとってはV系が青春で彼の血肉となっているのだと思ったよ。それを受け入れる皿として私を選んでくれているのはありがたいことだなあと思う。

サンホラの話を人にするのは実は苦手で、ずっとトラウマがある。サンホラを愛することは恥ずかしいことのように自分の中で思ってしまっている。サンホラもRevoさんも何も恥ずかしいものではないのに私は、かつてサンホラを好きであることをバカにされたり冷たくあしらわれた経験があるから、人に話すのは申し訳なさが立ってしまう。それに相手の前知識とかうかがってしまうし、結局ファンじゃない人と話すのは難しいと感じてしまう。でも、私はサンホラ―の友だちがいない。。。

好きな話をするのに、相手の知識なんか気にせずわーわー話せばいいのよね、そういうことを今日ツイキャスして思った。そして、私はサンホラについて語りたい!

語ろう。。。

 

2021年1月24日

前回に引き続き、サンホラの新譜に踊らされております。だんごです。こんにちは。

 

『絵馬に願ひを!』を聞くうえで、随所にちりばめられた神社、日本神話のネタを少し調べてみましたので、自分用にブログにまとめたいと思います。ネタバレありなので、お気を付けください。

 

※当然ながらここに書かれた内容はあくまで私の解釈であり、唯一の正解ではありません。また、本日時点での理解であるため、私自身の解釈も今後変わる可能性がございます。

 

 

続きを読む

2021年1月20日

こんばんは、だんごちゃんです。もう1月が20日も経過しました。いかがお過ごしですか。私はちょっと元気ないです……。先週から生理やら頭痛やらで調子が出ないです。さらに今日はブルーな気持ちです。原因とかは分からないけれど、どうも自分のことを大事にできなくなってきました。こういうときは、どんどん酷くなっていくことが多いので、ぐっと耐えたいところです。

 

仕事をしているんだかしていないんだか、よくわからないピントのぼけた毎日を送っています。テレワークは快適です。大好きな恋人と文字通り24時間一緒に居ます。でも、相変わらず仕事は好きではありません。だから呆けてるのです。埴輪みたいな顔をして、体の中が空っぽです。ずっしりと詰まっていた私の魅力や愛が、どこを探しても見当たりません。恋人がいるからなんとかやっていますが、1人暮らしだったら平気で1週間お風呂に入らないで過ごすような体調です。仕事が終わったらすぐにベッドに行ってひと眠りしています。

恋人はいつもと変わらず、好きなようにのびのび暮らしているように思います。本を読んでにっこり、ツイッターを見てにっこり、ネトフリで幼児向けアニメを見てにっこり、ご飯を食べてにっこり、私を見てにっこり。彼の笑顔が何よりも日々の癒しです。私の存在が彼の人生の邪魔にならないことだけが心配です。

 

このまま私は何も出来ないまま、醜い自分のまま、年を取っていくんだなあと思うと悲しいですが、何をどうしたらいいのかよくわかりません。頭が痛い日が一日でも減ると嬉しいです。そうしたら、まだましかもしれない。お休みがいっぱいほしいです。

 

今年に入ってから、週末に2本映画を観るようになりました。何か狙ってやっているわけではないのですが、気になる映画を観ていたら自然とそんなペースになりました。とても良いので、このまま続けていけたらいいと思います。コロナに感染したくないけど、大好きなお店が潰れるのも嫌なので支援の気持ちもあり、できるだけ行きたい場所には行けるときに通いたいのです。

 

 

2021年1月13日

だんごちゃんのハッピーな日ってどんな日か知ってる?

サンホラの新譜発売日だよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

5年ぶりの新譜!!!!!

 

『絵馬に願ひを!』感想を書きますので、ネタバレ気にされる方はブラウザバックでお戻りください(昔のインターネット感でよいでしょうふふふふ)

 

続きを読む

2021年1月3日 その2

レディ・バード』について、もっと早く出会いたかったと書きましたが、さっきまで読んでいた『誘惑者』についても同じことを思いました。あとは、以前にもブログに書いたけど、『はてしない物語』や『E.T.』は幼い頃に出会いたかった。全部、大人になってからになってしまった。

そう、だから、私はいつも後手、後手なのです。いつも何をするときも「もっと早くやればよかった」と思うのです。なんというか、今後もそうなんだと思います。私は何をするにものんびりで、それで遅れてしまいます。何周も遅れているように思います。(何と比較をしているの)あの人が私にくれた愛が、今になって身に染みるのです。

 

自分の子どもを、子どもの意思に関係なく無理に有名私立中学に入れようと四苦八苦する親がいますが、彼女たちの気持ちがなんとなくわかります。多分、私が子どもを生したら、彼女たちと同じように無理やり映画や本を読ませるだろうと思います。私が出来なかったことを、子どもへ成就させようとして。それが間違っているかどうか、当人には分からないのだろうと思います。

 

それはそうと、昨日、逃げ恥の続編がテレビで放映されていたらしいです。私は本編のドラマが大好きでしたから、続編も何かの機会に観たいと思います。今は家にテレビがないので観られません。

なので、お話自体は分からないのですが、主人公みくりのおばであるゆりちゃんの台詞がツイッターで流れてきました。「私の子宮は使わないままなくなっちゃったけど」どうやら、ゆりちゃんは子宮の病気になってしまったようでした。

私はこのままいけば、子宮を使わずに人生を終えます。子どもが欲しいとは少しも思わないけれど、子宮を使わずに終わることについて、時々思い悩む日がないと言ったら嘘になります。本当は子どもを産みたい?私が?まさか。でも、なんでこんな気持ちがへこむんですかね。涙が出ます。こういうとき、動物の本能を感じます。あまり、こういうのは言いたくないけど。

 

それ以外にも、今の生活を一生望んでいるはずなのに、この生活を続けることによって得られないものへ、ひどく渇望している自分に気付くことがあります。子どももそうだし、幸せな家族とか、そういうたぐいのもの。大きな家に、子どもたちが走り回り、年老いた彼がにこにこ困った顔をしている。私の薬指にはダイヤの指輪がはめられている。彼は子どもが好きだから、子どもも素直にすくすくと育つと思います。

それらの望みが時々、言葉の隅っこに隠し切れずに零れてしまう。それが本当に卑しくて恥ずかしい。本当に恥ずかしい。消えてしまいたい。

 

これも若さのせいでしょうか、早く年を取りたいと思います。子どもにしてあげたいことを、自分にしてあげればいい。子どもと自分の区別がつかない限り、私は私を子ども扱いするしかないのでした。