読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情死

Would you cry if I died Would you remember my face?

2017年5月3日 その2

 

 新宿駅方面へ向かう電車内に仲睦ましい若い男女が居た。某テーマパークの帰りのようで、男の首元には兎の耳を象ったカチューシャがぶら下がっていた。中学生か、高校生か。髪の毛の初々しい黒さや、表情の幼さが目に着いた。女はオシャレをしていた。紺色のパーカーにジーンズのジャケットを羽織り、ひらひらと広がる赤く短いスカートを履いていた。足元は、黒く網目が大きめの網タイツと履きなれた様子のスニーカー。

 ……網タイツ?そう、網タイツを着用している。ただ足を露出させるのではなく、網タイツを履いている。ストッキングではなく、網タイツである。細いながらもふくらはぎの筋肉が確かについている女の足の上に黒く縁取りされた菱形がいくつもできている。少し日に焼けた菱形が赤いスカートの下から顔を覗かしている。男は女より顔一つ分背が大きい。男は自分より小さい女を嬉しそうに見下ろし、女もまた嬉しそうに自分より大きい男を見ている。男は電車のドア部分に寄りかかり、女は男の胸板に寄りかかっている。男の手は女の腰に回され、女の手は今日のお土産袋をぎゅっと握っていた。その間も赤いミニスカートと網タイツとスニーカーは仲良く女の身体に纏わっている。赤と黒の下半身とジーンズと紺の上半身が手を繋いで黙している。卑猥だ。ただ足を露出させるよりもずっと卑猥である。ジーンズとパーカーと赤いスカートとスニーカーだけならば、カジュアルながらも女の子らしさを取り込んだ健康的で天真爛漫の女をイメージさせる。そこに卑猥なものは存在しない。だが、彼女はあろうことか網タイツを着用している。黒い網が女の足に絡みついている。まだ10代であろう女、直線から曲線へ移行が完成していない女、その足に黒い網が菱形を描いている。天真爛漫な女の像を凌駕する網タイツの存在感にアンバランスな猥褻さを放っている。

 男女はにこやかに今日の思い出を語っていた。私は突如として、叫び声を上げたくなった!男よ、今すぐ女の網タイツを引き千切って、女を犯しなさい!!その衝動を押し殺す。男女はずっとお互いの身体に触れながら、笑っている。これは性行為を公衆の面前で行っていることと同義ではないか?そのように迂遠な接触をせず、ここで股を広げればよい。女の網タイツが今すぐに均等な菱形を崩壊してくれと言っている。男の為すべきは、ここで女の網タイツの本懐を遂げさせることである!女の身体を床に押し倒し、赤いスカートをめくりあげ、黒い網タイツを引き千切る。女は突然の出来事に悲鳴を上げることもできず、男はただ淡々と成すべきことをする。電車の乗客はそれに一切視線を送らず、男女の使命を察するのである。女が足を屈折させると網タイツも形を変える。伸び縮みをする菱形が今か今かと瓦解のときを待っている。男はそのことに一切気付いていない様子だ。だが、隠し持っている情熱が網タイツの甘い誘惑の香りを無視するはずがない。網タイツは赤いミニスカートの下から機会を窺っている。男は若さから己の行動を起こすことができないでいるのだ。そうに違いない。男の微笑から浮かぶ戸惑いの色が何よりもの証拠である。男の不安を払拭してやりたい。さあ!網タイツを破り、女を犯せ!!と言ってやる。網タイツの声のままに、己の情熱に訴えかけるその声のままに、引き千切るのだ!

 電車は新宿駅に到着した。多くの乗客が降りていく。男女も、人波に押されて電車から排出された。お互いの手を握り、笑いを絶やさず、駅のホームから去って行った。男女がこの後どこに向かったかなど知る由もない。不敵な網タイツだけがそれを知っている。