読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情死

Would you cry if I died Would you remember my face?

2017年5月3日 その1

 GWですね。ちゃんと映画を観てますか?最近はSM用語に触れることが多いので、〈黄金週間〉という文字列を見るとスカトロ強化週間なのかと思ってしまいますね。一行目から何の話をしているんでしょうかね。分からない人は調べないでください。

 

 生まれて初めてタブッキを読んでいます!ずっと気になっていたのです。正直なところ、書かなくちゃいけないレポートがたくさんあるので本読んでいる場合じゃないのですが苦笑。まだ最初だけしか読んでないけど、とてもいいですね。これからタブッキの本をいっぱい読みたい。

 シャトレーゼのある町で育った私の環境下において外国文学を読んでいる人はゼロでした。ゼロです。だから高校生になるまで外国文学にあまり触れずに育ってきました。存在を知らなかったと言っても過言じゃないかもしれません。もちろん、それは私の不勉強の言いわけに過ぎないのですけど。そんな私が今こうして外国文学に触れるようになったのは、やはりインターネットの力が大きいと思うのです。憧れを抱いたブロガーの多くが外国文学に親しんでいました。憧れに少しでも近づきたく、私も彼らが読んだ本を真似して読みました。難しくて分からない本もある、今でも積読して放置してある本もある、それでも決してそれらが遠い世界のものではなく私にも手が届く世界なのだと思えて幸せなのです。

 手が届くとはいえ、人差し指がちょこんと本の表紙に触れているに過ぎないのです。嬉しいけどちょっぴり切ない。これが小さい頃から全集なんかが家の本棚に並んでいる家庭の子なら活字と活字の隙間にまで行けるのだろうけれど、私は触れてるだけです。さらに勉強している方ならば、印字された文字を通して作者の脳髄にまで触れていけるのだろうなあ。いいなあ。私もいつか本の向こう側にまで手がとどくといいなあ。

 

 いや、だからね、だんごちゃん、そのためにもレポートを書かないとダメだよ。