読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情死

Would you cry if I died Would you remember my face?

2017年1月30日

風邪をひきまして、鼻水を垂らしながら記事を書いております。皆さま、うがい手洗い忘れずに。マスクをしてお外に出ましょう。こんばんは、だんごちゃんです。

 

だんごちゃんって名乗るのは、少し抵抗があるのだけれど…。まあいいか。

 

今日は新たな自分に気づいてしまいまして、それを記録しに来ました。自分の内面とはかなり向き合ってきた方だと思うのですが、まだまだ見知らぬ私がいるのですね。

 

なんとですね、私、主婦が主人公の小説を読むと腹が立つ!!!!のです。

 

もう、びっくりですよ。客観的に作品を論ずることができないんです、感情が荒ぶるのです。作品を読んで、感動したとか胸糞悪かったとかそういう感想を抱くことは素晴らしいことです。でも、それで終わってはいけないのですよ。私、娯楽で読んでるわけじゃないので。講義で扱う作品なので!!日々私は感情でモノを言ってはいけないとチクチク自分自身に言い聞かせているし、実践できていると思うのです。そんな私が、感情に揺れ動かされている!!感情が生まれるのは当然です。その作品が優れている証拠でもあります。しかし、感情をただ、個人の感想で終わらせるのではなく、その感情はどこから生まれたものなのか、作品の中、あるいは自分の中から見つけるのです。その作業が、作品の深い読解に繋がる可能性があるからです。または、一旦感情を置いておいて、作品の構成やテーマを読み取るべきなんです。一方的に自分の感情を作品、作者にぶつけるのは個人的な場所でするといいのですよ。私、苛立ってます!と大声で叫ぶのは日記の中でいいんですよ!!!!

というわけで、作品を読んでグループで話して発表するというありきたりな講義が一転して、苦痛になってしまったのでした。私、この作品に対して感情的にしかなれないよ~作品との距離感が掴めないよ~うえ~ん。

で、その主婦が主人公の小説に何のうらみがあるんでしょうかね私。主婦になったことがないから感情移入できないっていうことは、ありえないと思う。つまらないとかじゃなくて、腹が立つってところに何か、主婦へのコンプレックスのような嫉妬のような軽蔑のような黒々とした理由が存在している気がして、あまり考えたくありません!!

 

実は他にも腹が立つ物語ってあるのです。へたっぴな恋愛ものです。恋愛の問題って、大抵がコミュニケーション不足か、本人の覚悟が足りないところに原因があると思うんですよ。だから、夫に不満があるとか息子が言うこと聞いてくれないとかって書いてあると私は「話し合えよ!!!!!!話し合えないなら諦めろよ!!!!!!!」となっちゃうんですよ。本当にこれ良くないよなあと思うのです。ちょくちょく出てくるこの癖。

 

嫌な思いをするならさっさと別れればいいし、別れたくないなら腹をくくれこの野郎!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

ふー、すっきりした。いろいろ文句言われることを書いた自覚があるので、本当にごめんやで…ごめん…わかってる……人類は皆、私と同じ考えじゃないってこと………ごめんね…

 

別れたいけどどうしても別れられない理由が丁寧に丁寧に書いてあるやつは好きだよ。

そこがあまり丁寧じゃないとむかついちゃうんだよ。