読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情死

Would you cry if I died Would you remember my face?

2016年1月28日

アクセサリーは単に身を飾る物ではないし、香水は単に香りのついたアルコールではない。
そして買い物とは、単に物を買うだけのことではない。(八本脚の蝶

 

物を買うのではなく、《何か》を求めて買い物がしたい。素敵な自分に成れて、笑顔が生まれる出会いに巡り合える、そんな春服が欲しいだんごちゃんです。2月からは大忙しです。大学生は皆、長い春休みに入るので成人式で久しぶりに会った友人らがこぞって飲もう語ろう遊ぼうと計画立てているのです。私は自分の口座と予定を見合わせて、貯金が空っぽになるなあと冷や汗をかいています。でも、2年ぶりにちょっとしたお仕事に短期で就けそうなので何とかなるはず…。そんなわけで、春服が欲しいがちょっと難しいかもしれないのでした…。

 

年明けてから数冊の本を読みました。こんな読書が捗るなんて、私も元気になったものです。嬉しい。そのうち一冊は、同じ描写を何度も繰り返す叙事小説でしたので、3色ペンで描写毎に丸を付けながら読んだのですが、これ、かなり良いです。小説の構造が一目瞭然で、作者の細かい注意にも気が付きました。よくできてる。素晴らしい。小説も映画もエピソードの積み重ねです。それを如何に効果的に組み立てるか。それを念入りに考え、巧みに盛り込むか、それが物語に深みを与えるのではないでしょうか。私は物語や作者の哲学も好きだけど、こういう構造を見るのも好きだな。

 

昨日、某TV番組でドラクエ舞台化の裏側に密着!という内容が放映されていたのですが、あれ面白そうですねえ!ドラクエ天空の花嫁をちょろっとやった程度の知識しかないのですが、舞台がかなりクオリティ高そうで舞台演出を観たいがために見に行きたいレベル!舞台演出の歴史、とか調べたら愉しそうだなあ。ドラクエでも画期的な演出方法がなされているみたい。客席と舞台がとても近くて、それこそ虚構と現実の境目が曖昧になっている印象。最高…。

 

スターウォーズのCG技術もディズニーアニメのCG技術も近いものを感じている。あのCGを上手く活用できるようにならないと日本の映画は世界で注目されないのだろうか。膨大な費用が掛かりそうだから難しいけどね。日本は世界でもアニメが盛んな国なのに、もっと頑張れないのだろうか。日本のアニメ=ポルノの印象が強いままでいいのだろうか。とかこれ火種になりそう。Fラン大学休学中の屑のただの独り言なので気にしないでください…。ジブリに続くのはスタジオ地図かなあ。新作があまり面白くなかったんだよなあ…滝汗。がんばれにっぽん。

 

これは全部独り言です。あまちょろが変なこと言ってすいません…。