読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情死

Would you cry if I died Would you remember my face?

2015年9月4日 その1

雨が強いね。雨の匂いって都会の人は感じ取れないらしいよ。本当かなあ。明日は12時に池袋に行くの。全然眠れなくて困った困った。あいぽん画面眺めてるからだよね。うふふ。上機嫌。元気いっぱいだんごちゃん。

もっとかっこいいブログ名を付けたい。それこそ八本脚の蝶のような意味不明でカッコいい名前。情死って、お前縁起でもない名前つけやがって!とブログに怒られてしまう。情死、または心中。私の憧れ。永遠に叶うことはないからこそ、夢見ていられる。一緒に死んでくれと言われた日々と貴方と一緒なら死んでもいいよと告げた日々。愛する人と最期を迎えられたら幸せでしょう?自殺はしないって決めてるから安心してね。憧れ。強い憧れ。死の甘い幻想が生きる力になることもあるんだよ。自殺する人は嫌いだけど、自殺を選ばざるを得ない環境や性格で生まれた人間は少し羨ましい。それで有名になって顔も見知らぬ人々にまで自分の名前が知られるんだ。皮肉にも自殺がその人の付加価値となる。死が持つ力は偉大だ。私の大好きなSoundHorizonのRevoさんは死を物語の中に過剰に織り込み、"生きる"ことを強く紡ぐ。そういうのが死を見つめる上で正しい姿勢だと思うな。えへへ。思い付いた言葉羅列してるだけだから内容が伝わり難いねごめんね。うふふ。みんな死んじゃダメだからね。死んでもいいと思えるほど愛せる相手を見つけたらちゃんと人生を共に歩んでから寿命で死ぬんだよ。だんごとの約束です◎みんな大好きだよ。