情死

Would you cry if I died Would you remember my face?

2017年8月19日

こんにちは!おしらせです!

 

Web詩誌『傘と包帯』第二集が公開されました!

傘と包帯 第二集 | kasatohoutai | note

 

有難いことに今回も参加させて頂い、詩を寄稿しました。

だんごむしのだんごです、どうもどうも。

感想は改めてブログで書きたいと思いまする。夕ご飯食べてきます。

2017年8月18日

こんにちは!

朝方生活頑張れてたのに、ここ一週間で簡単に昼夜逆転しただんごちゃんだよ。

今日はお知らせがあるよ。

 

私、創作活動を始めるよ!

 

と、言っても大したことをするわけではなく、

文章を作品として発表する回数を増やそう。文章を頭を使って書こう。書きたい物語をちゃんと産もう。

といった具合のゆんわりとした目標でゆるゆる文章を書こうと思っています。

今はとにかく文章を書く訓練をしようと奮闘中。数書いて、大衆の目に晒して、失敗を繰り返せば何か見えてくるでしょう◎ 単純に文章を書くことは楽しいから、デトックス効果も見込めそうです。

作品は、ついったー@Fdng7に載せてますので、興味がある方は是非フォローしてください♡

ポチポチ詩やら小説やら書きます。

 

もうずっと文を書きたいと思い続けてたんだけど、自分の中で自尊心とか身の回りのこととか決着のついていない問題があって、それで書けないでいたのね。書きたいと思っても、息が詰まっちゃうみたいな具合で。でも、最近は憑き物(!?)が落ちたようで、自分の中の創作意欲を素直に表に出せるし、ちゃんと恥かきたいなって思えるようになった!それは、自分が自分を褒め続けた結果のひとつだと思うし、あと絵を描く友だちが自分の作品を発表する活動をし始めて感化されたのもある。それと、私は意外とナルシストなので、自分の文章なんだかんだで好きなんだよね。アホだね!ま、将来の勉強をしつつ、大学の勉強もしつつ、趣味で文章を書けたら理想。自分で書く作業の中で学べて実生活に活かせることも多く、いいことだらけ、だと、いいな!だんごちゃんとななこちゃん(名前出しちゃうし)がついに和解をしたのさ。だんごちゃんの魂は浄化されました。

これからのだんごちゃんからも目を離すなべいべー!

2017年8月6日

二階堂奥歯さんのブログを何度も読んでいるのに、また読んだら泣いちゃった。

八本脚の蝶の更新は、奥歯さんの死によって停止した。

お気に入りのブログが更新されなくなったらとても寂しい。寂しいけれど、人間とはお気楽なもので、また面白いブログを見つける。新しいブログもいずれ更新が止まる。そしたら、またインターネットに幾多に存在するブログを物色してお気に入りを見つける。

八本脚の蝶から雪雪さんのブログにアクセスする人は多くいると思う。私もその一人だ。

どんなきもち?

長い期間、その瞬間を思い描いていた奥歯さんが飛び降りる3日前に雪雪さんのメールを引用してブログを更新している。このときはまだ生きようとほんの少しでも思っていたのだろうか。それともただ記録として引用したのだろうか。私にはわからない。

八本脚の蝶の記事を全て読んだなら、また初めから八本脚の蝶を読めばいい。何度も何度も。

 

2017年7月24日

こんばんは!久しぶりにブログを開いたら、なぜか今月のアクセス数が100PV達成してて意味が分からないよ!誰かここのURLばら撒きました?笑

 

最近のだんごちゃんは、LinkedHorizonのライブに行ったり、LinkedHorizonのライブに行ったり、勉強したりしてます。オタク☆充実。

インターネットに顔を出さないときは日常が充ち満ちてる証拠◎

ということで、だんごちゃんは元気です。

あ、ただ半日くらい軽い熱中症になりました。気をつけます。

皆さまもお元気にお過ごしください。

 

ああ、つまらん更新だ!!

 

面白い記事書きたいけど、今じゃない!!

めんご!

 

2017年5月3日 その2

 

 新宿駅方面へ向かう電車内に仲睦ましい若い男女が居た。某テーマパークの帰りのようで、男の首元には兎の耳を象ったカチューシャがぶら下がっていた。中学生か、高校生か。髪の毛の初々しい黒さや、表情の幼さが目に着いた。女はオシャレをしていた。紺色のパーカーにジーンズのジャケットを羽織り、ひらひらと広がる赤く短いスカートを履いていた。足元は、黒く網目が大きめの網タイツと履きなれた様子のスニーカー。

 ……網タイツ?そう、網タイツを着用している。ただ足を露出させるのではなく、網タイツを履いている。ストッキングではなく、網タイツである。細いながらもふくらはぎの筋肉が確かについている女の足の上に黒く縁取りされた菱形がいくつもできている。少し日に焼けた菱形が赤いスカートの下から顔を覗かしている。男は女より顔一つ分背が大きい。男は自分より小さい女を嬉しそうに見下ろし、女もまた嬉しそうに自分より大きい男を見ている。男は電車のドア部分に寄りかかり、女は男の胸板に寄りかかっている。男の手は女の腰に回され、女の手は今日のお土産袋をぎゅっと握っていた。その間も赤いミニスカートと網タイツとスニーカーは仲良く女の身体に纏わっている。赤と黒の下半身とジーンズと紺の上半身が手を繋いで黙している。卑猥だ。ただ足を露出させるよりもずっと卑猥である。ジーンズとパーカーと赤いスカートとスニーカーだけならば、カジュアルながらも女の子らしさを取り込んだ健康的で天真爛漫の女をイメージさせる。そこに卑猥なものは存在しない。だが、彼女はあろうことか網タイツを着用している。黒い網が女の足に絡みついている。まだ10代であろう女、直線から曲線へ移行が完成していない女、その足に黒い網が菱形を描いている。天真爛漫な女の像を凌駕する網タイツの存在感にアンバランスな猥褻さを放っている。

 男女はにこやかに今日の思い出を語っていた。私は突如として、叫び声を上げたくなった!男よ、今すぐ女の網タイツを引き千切って、女を犯しなさい!!その衝動を押し殺す。男女はずっとお互いの身体に触れながら、笑っている。これは性行為を公衆の面前で行っていることと同義ではないか?そのように迂遠な接触をせず、ここで股を広げればよい。女の網タイツが今すぐに均等な菱形を崩壊してくれと言っている。男の為すべきは、ここで女の網タイツの本懐を遂げさせることである!女の身体を床に押し倒し、赤いスカートをめくりあげ、黒い網タイツを引き千切る。女は突然の出来事に悲鳴を上げることもできず、男はただ淡々と成すべきことをする。電車の乗客はそれに一切視線を送らず、男女の使命を察するのである。女が足を屈折させると網タイツも形を変える。伸び縮みをする菱形が今か今かと瓦解のときを待っている。男はそのことに一切気付いていない様子だ。だが、隠し持っている情熱が網タイツの甘い誘惑の香りを無視するはずがない。網タイツは赤いミニスカートの下から機会を窺っている。男は若さから己の行動を起こすことができないでいるのだ。そうに違いない。男の微笑から浮かぶ戸惑いの色が何よりもの証拠である。男の不安を払拭してやりたい。さあ!網タイツを破り、女を犯せ!!と言ってやる。網タイツの声のままに、己の情熱に訴えかけるその声のままに、引き千切るのだ!

 電車は新宿駅に到着した。多くの乗客が降りていく。男女も、人波に押されて電車から排出された。お互いの手を握り、笑いを絶やさず、駅のホームから去って行った。男女がこの後どこに向かったかなど知る由もない。不敵な網タイツだけがそれを知っている。

2017年5月3日 その1

 GWですね。ちゃんと映画を観てますか?最近はSM用語に触れることが多いので、〈黄金週間〉という文字列を見るとスカトロ強化週間なのかと思ってしまいますね。一行目から何の話をしているんでしょうかね。分からない人は調べないでください。

 

 生まれて初めてタブッキを読んでいます!ずっと気になっていたのです。正直なところ、書かなくちゃいけないレポートがたくさんあるので本読んでいる場合じゃないのですが苦笑。まだ最初だけしか読んでないけど、とてもいいですね。これからタブッキの本をいっぱい読みたい。

 シャトレーゼのある町で育った私の環境下において外国文学を読んでいる人はゼロでした。ゼロです。だから高校生になるまで外国文学にあまり触れずに育ってきました。存在を知らなかったと言っても過言じゃないかもしれません。もちろん、それは私の不勉強の言いわけに過ぎないのですけど。そんな私が今こうして外国文学に触れるようになったのは、やはりインターネットの力が大きいと思うのです。憧れを抱いたブロガーの多くが外国文学に親しんでいました。憧れに少しでも近づきたく、私も彼らが読んだ本を真似して読みました。難しくて分からない本もある、今でも積読して放置してある本もある、それでも決してそれらが遠い世界のものではなく私にも手が届く世界なのだと思えて幸せなのです。

 手が届くとはいえ、人差し指がちょこんと本の表紙に触れているに過ぎないのです。嬉しいけどちょっぴり切ない。これが小さい頃から全集なんかが家の本棚に並んでいる家庭の子なら活字と活字の隙間にまで行けるのだろうけれど、私は触れてるだけです。さらに勉強している方ならば、印字された文字を通して作者の脳髄にまで触れていけるのだろうなあ。いいなあ。私もいつか本の向こう側にまで手がとどくといいなあ。

 

 いや、だからね、だんごちゃん、そのためにもレポートを書かないとダメだよ。

 

 

2017年4月26日

 今日は一日中頭が痛かったよ。膨張しているようだ。耳の中からデュクデュクと音がしました。教科書全然読めなかったや。

 

 熱が出てるみたい。ずっと身体に纏わりついている。解熱剤で治ると思う。あまりに定期的に発熱するからもっと目を向けた方が良いのかな。自分の体調。ただの熱じゃないかも。すぐ感染する。感染する種が私の中にあるからだと思う。いつまでも馬鹿にしている側で居たく無くない?馬鹿にされてからが勝負だよね。

 

 ぽろぽろぽろ

 

 あ、こういう道もあったんだなあって今になって思う。私はやっぱり大学受験の時期に戻りたいなあ。高校時代、記憶が薄くて笑っちゃう。悔しいよ。がんばろ。