情死

Would you cry if I died Would you remember my face?

2018年6月19日

 私が退屈しない理由。日常の一例。

 

 最寄駅で電車を降りた瞬間、私が自動車に轢かれる映像が見えた。霊感。今日、私は轢かれて死んでしまうのだと確信する。特に不安に怯えることもなく、運命の流れに身を任せる。目の前に表れた出来事を受け入れること、それに自分を委ねることは私の良い点であるか。いくつもの思い付きを二つ返事で受け入れて、今日は三鷹駅まで行ったのだった。先週は宇都宮、その前の週は横浜へ。夏には南へ行き、秋には日本を飛び立つ。知らない土地に行くのは大変楽しい。駅の脇の駐輪場に置いてある自分の自転車の鍵を外しリュックを籠に載せて私はサドルに跨り帰る。私の前を走る自転車は青いロングスカートを履いた女性が乗っていた。彼女は4車線ある広い道路を注意深く左右を見渡してから向こう側へ渡った。私も真似しようかと思うも、勇気が出ない。横断歩道がない場所を走れない。信号無視が精いっぱい。親の目を盗んでこっそりやるゲームの緊張感を思い出しながらペダルを漕ぐ。この道はいつも満月が出ている。自転車が複数台あり庭には綺麗な花が咲いている。絵本に出てきそうな三角屋根の家の2階部分に丸い窓があり、部屋の照明で暖かい黄色に染められてまるで満月のようだ。空気を読むように今日の月は雲に覆われて主役を譲る。ライトを付けた私の自転車はウインウインと音を立て続けて車輪を回す。その音は私の進む方向を案内し、道路を通る自動車のタイヤやエンジンのノイズが遠ざかるのを笑っているが、それらは波の揺らぎに感じられ、砂浜を裸足で歩く感触と海水の冷たさに驚く誰かの声が現れ、たが、消えた。目の前に本物の大海が広がっていた。オレンジ色の街灯が夕陽のように熱く燃えて海を照らす。海の中には一晩中愛を語り合う恋人たちの歌声が響く。それは田んぼであり、それは蛙であるのだが。水面に美しく照らされた夕陽に心を打たれ、いつか私も蛙に生れようと決意する。先日の雨の日、田んぼの中には足の生えたオタマジャクシが飄々と遊んでいた。そのときにも同様のことを思った。私は蛙になると。その先の光はただ白いだけ。決められた距離に建てられて、進級進級卒業進級進級卒業を繰り返す意味のない年の積み重ねである。夢と現実、意識と無意識を混ぜて混ぜて、浸かる。何でもない木を人間に見立てて、暗闇の中で姿の見えない老爺を見つけて、猫が話しかける言葉を聞きとる。私は自由に明日へ昨日へジャンプで移動して、友人に挨拶をする。最近どう?まあまあだね。それからそれから……。こうして、私は家の前に着く。轢かれる霊感を忘れて玄関を開ける。夢から目が醒める清々しさ。玄関を開けるたびに、親に声をかけられるたびに、忘れていく想像の世界の全て。だから、私は退屈しないのだと思う。

 

2018年6月8日

 ここのところ調子が悪いというのは前回も書きましたが、どうも希死念慮が出てきてちょっと困りますね。「死にたい……生きるのつらい……」とかそういう分かりやすいのじゃなくて、テレビを見ながら今日の夕ご飯は何かな?とか、そう言えば録画してたドラマ見てなかったわとか、それを思うのと同じテンションで希死念慮が発生するので我ながら奇妙だと思う。多分、希死念慮の振りをした違う欲求だと思う。なんだろう?人と会ったり映画観たりして誤魔化してるけど、どうやら違うらしい。運転免許持っているのに車を運転しない理由は、運転中に希死念慮が発生したときに我慢できる自信がないから。虫が習性に従って光に集まっていくように、死の方へ導かれてしまう。世間が思うような(?)ネガティブな状態でなくて、そちらへ行きたいという根源的な欲求。そういう、希死念慮。いつもそばに居てくれるので、なんか相棒みたいな感じですよね。上手に言葉にできないけど。それが表面化してきているので、もう少し静かにしててくれるかなと声をかけている。

 むー。まあ、今日は割と元気。死にたいけど。死なないし。脳みそ気持ちよくなりたいな~。

2018年6月6日

本当に恐ろしいことが起きています。6月がすでに140時間過ぎてしまった。私はずっと寝ていました。結構、本気で。どうしよう。ここ数週間は無気力で何もしないで寝てます。何かはしてます。ただ現実から目を閉ざして逃げているので寝てると言ってもよいと思います。どうしよう。

 

あれもこれもやりたいことがあるのに、やりたいなら手を付ければいいのに、なんで逃げちゃうんだろう~~~~ぴえ~~~~~~

 

死のう(死んじゃだめー!)

 

あー、逃げられちゃう環境にあるからいけないんだよなあ。

強制的に塾に通うとか、なんかそんな感じで、うん。

…………。

 

つらい 知能がゼロに近付いてきた

 

あ?杉咲花の「私はまだドキドキするよ」って台詞が可愛くてびっくりした。すごい可愛い。

2018年5月30日

お久しぶりです。もうすぐ5月が終わってしまうのですね。5月はそれなりに楽しいことが多く、充実していたと感じています。一方でゆゆしき事態があります。どうして私は就活日記を更新しないのでしょうか。理由は分かっています。パソコンのキーボードに触れる時間を作らないからです。今日だって、本当に久しぶりに文字入力という作業をしています。タイピングスピードが落ちたような気さえしています。文章作成もぎこちなく申し訳ない。

一昨日くらいにブログを更新したくて、頭の中で内容を組み立てていたのですが現在私の脳内に残っているのは微かな言葉だけです。「我々の意識や記憶、感情から漏れる音楽を拾い集めて」ということを書きたかったのです。でも、どうやって?なぜ?結論は?の辺りがさっぱり思い出せません。悲しい。

私は他の人に比べて脳内麻薬が出やすい、簡単に気持ちよくなれる人間なのだと思います。サンホラを聞いていると頬が緩んで恍惚状態になりますし、お酒を飲めば楽しくて笑ってしまいます。エトセトラ。それでも快楽の中に留まることは難しい。正気に戻った私は、小学生の頃5時のチャイムが鳴って太陽がすでに落ちた暗い冬の日の帰り道を思い出すのです。ごめん、嘘。そんな記憶ないです。ねつ造しました。私は学童に行っていたし、高学年には吹奏楽クラブに居たから6時まで学校にいました。だいたい、映画や音楽、ドラマ、小説、アニメで知った感情を現実の記憶の中に溶かして存在しない思い出を作ってしまう。女子高生に対する世の男性の幻想はまさにそれに近いのではないだろうか。知らんけど。存在しない思い出は上記で示した通り、子どもが見たり聞いたりしたもので構成されるから、同じものを共有してきた同年代の人間と共有しやすい。私以外の彼らも存在しない思い出を各々脳内で作って楽しんでいるのです。更に広いものを吸収して一生懸命に(しかし無意識に)想像力を遊ばせていた子どもは、多くの人間と存在しない思い出を共有する。教養とはこのことに過ぎないのです。多分、これも嘘です。

お金が欲しいので労働時間を増やしている。しかし、労働中は時間が停止して全く生きているとは言えない。なんて、言うと格好付け過ぎで、私は思った。休憩中に話しかけてくるのはフリーターの方が多い。そもそも人間付き合いが得意でなく、できるだけ1人で過ごしたい私は話しかけられるとまず面倒臭いと思ってしまう。どうして彼らは私やスタッフに話しかけるのか不思議でたまらなかった。でも、彼らにとって「世界」は(おそらく)この職場だけで、時間を動かそうと必死になっているのだろうと気付いて、私はその努力を拒絶できるほど自己に閉じ籠れず、お話をしてしまうのだった。猿が毛繕いするのと何も変わりがない。

(きっと、私じゃなくてもいいのだ)と感じるときの心地良さを覚えた。喜びだと思う。

昨日は本当につらくてつらくて、憂鬱で、泣いちゃった。でも帰る場所も逃げる場所もなくて簡単に楽になる薬も持ってない。夢から醒めたくない。全焼した家が今にも崩れそうに建っている。灰が頭に降ってきて、それに気づいてしまった。壊してしまおうかと途方に暮れる。これでも思い出がたくさんあったのだよ。今日もちょっと体だるいけどブログは書けた。えらいね。

あと、その他諸々。やりたいことがたくさんあって困る。やりたいことがあっても体がついてこないし。あー。頑張りましょう。

2018年5月7日

 こんばんは。ゴールデンウィークが終わりました。だんごちゃんは大地になりました。

 友人と飲みに行き、お会計が6千円でした。細かいお金ないからと、私が店員に1万円を渡しました。それじゃあと、友人は私に3千円を渡しました。店員はおつりで私に4千円を渡しました。その瞬間、6千円払ったのに7千円を手に入れてしまった!ラッキー!と思った私の脳みそはどうなってしまったのでしょうか。これはゴールデンウィークの呪いです。しっかりしてください。

 

 

2018年5月3日

こんばんは、だんごちゃんです。皆さまゴールデンウィークを楽しまれていますか?私はここ数年、いや人生で最高のゴールデンウィークになりつつあります。毎年最高を更新していけるといいね。

 

それはそうとタスクが溜まり続けています。気にしません、と言いたいところですがそんなわけに行きませんのでちょっとずつ消化していきます。応援よろ。

 

何をしていても意識が過去に戻ります。分かりやすいものは香りでしょうか。または、言葉や場所、気温。ちりちりと紙が燃えるように頭の中で小さな火が付いて、現在の意識を奪い去る。その下から現れるのは過去の私と「 」。それは感情を伴うことも多く、脈略を無視して私の語気が荒くなる。これは心的外傷と言われるモノほど深刻な状態ではないですが、私が何処にいるのか分からなくなる、罪悪感に見舞われるという点で困惑してしまいます。一連の私の揺らぎを事象として認識してもらえることは大変幸運なことであります。
眠りに就く一歩手前の人間と会話をするとよく理解できます。私の問いかけに対し、明後日の方向の返事をする。これは彼らが現実にいないためです。彼らは現実に存在する私と会話をしておらず、脳内に蓄積された過去の映像に返答をしています。
私は寝ても覚めても夢をよく見るのです。貴方にも心当たりがあるはずです。私は貴方の夢を何度も見ています。
手を繋いで目的地も定まらないままに山道を下る私は、何を考えていたのでしょうね。それでも出血しなくなったことは素晴らしいことです。風邪もひきません。低気圧による頭痛と同じです。しばらくの間、身体から浮遊して過去に飛びますが、その間も現実に生きることができます。私は賢いのです。
映画のように止まることのない風景は、何も面白くありませんでした。それでも私はよく見つめていました。贅沢なことを考えていたのです。戻りたい、と思ったのです。外の世界が恐ろしく深夜に布団の中で丸くなることでしか呼吸ができなかった頃の私に。「この感情は死にたいという言葉が相応しい」と語った私が見ていた世界はもう少し面白かった。何でもない一瞬に涙を落して感情は休むことを知らなかった。木々が太陽の光に照られされて、葉の一枚一枚が思い思いの緑を描いていた。それだけで私の生が脅かされるほど恐ろしかった。生きる価値など無いと思った。
図々しく生き続けている私は、なんとなく、誘拐されていると感じて頬を緩ませました。
いつか全てが薄くなる。日焼けしていくのだろう。もう過去に戻らないかもしれない。または、これ以上私の記憶は機能しないかもしれない。見た瞬間に消えていくから、写真を撮るのも人任せで自分から自分の責任を捨てているのです。本当にもうこれ以上、感情が動かないのかと思うと、全てが上手く行く気がします。一般的な基準で言えばね。

 

蚊に刺されて痒いです。

 

 

2018年4月20日 その2

 母親は毎日お酒を飲む。安い発泡酒を一本。だから冷蔵庫の中には最低でも4本はお酒がストックされている。私は毎日は飲まないけれど、気が向いたときに1本拝借して飲む。最近は飲みながらツイキャスなんかをしている。1本で十分酔える。強くないのだ。酔うのは楽しい。いずれは飲み会でもみんなのようにお酒が飲めたら楽しいと思う。(人前でお酒を飲むことが得意でない。人に迷惑かけるのが怖かったり、大勢での食事は緊張したりするのでお酒を飲むのを控えている)恋人は会社に入ったらお付き合いでお酒を飲む機会が増えるからジョッキでビールを3杯くらい飲めるといいよねと言った。あまり参考にする気はない。今どきお酒飲めないくらいで文句言われないだろう。

 『傘と包帯』第4集が公開された。ありがたいことだ。自分自身、詩で何を表現したいのか、書きたいのか、見えてきた気がする。気がするだけなんだけど。今回の私の詩は正直あまりよくないと思う。表現したいものに対して、言葉や配置が誠実でない。そのせいでピント外れてしまったと思う。あー。よくないなあと思っているのに寄稿するのは、失礼な態度だと思う。磨かれるためには恥をかかなくてはいけないと思うので、恥をかいて上達していけたらいいな。反省中。

 昨日、フォロワーと会った。彼女は絵を描くのが好きだ。彼女は私が文を書くのが好きだと知って、スケッチブックとペンを持ってきてくれていた。一緒に何かできたら面白いと思って持って来たんだと言ってくれた。昨日は時間がなくて何もやらなかったけど、かなり感激した。いつか面白いことできるかな?

 絵や写真の展示は調べると割と募集している人がいて、お金を払えば全く知らない人に見てもらう機会を作ることができる。詩も同じにように気軽に展示会に参加できないかしら。画像を作って印刷し、写真展示のようにハレパネに貼り付ける。できないかなあ。そのうちやってみようかなあ。家のプリンターがポンコツだからそこだけ考える。ていうか、私が知らないだけでやってる人いそう。写真や絵にポエムつける人も多いよね。やっぱりやるならそういった媒体で活動してる人とコラボする方が面白いのかしらね。妄想は自由でござるよ。